発見する
宮殿
庭園
大トリアノン
マリー=アントワネットの離宮
便利
Infos Pratiques
Acheter son billet
Plan Interactif
Calendrier des événements

ヴェルサイユ領地を発見庭園とパーク

イメージとビデオ
スライド

庭園の紹介

スライドを見る

庭園とパーク

Share

章を印刷する

膨大な事業

鏡の回廊の中央の窓の前に立つと、見学者の目の前に、水庭から水平線へとはるかに視線を導く大きな眺望が広がります。この素晴らしい眺望の起源はルイ14世の治世以前に遡るもので、造園家アンドレ・ル・ノートル はそれを整備し、王の散歩道を広げて、大水路を掘ることにより拡大しました。このはるかな眺望は、まさにヴェルサイユ宮殿の正面からパークの鉄柵までの雄大なものです。

ヴェルサイユの庭園は宮殿と同じほど重要であると考えていたルイ14世は、1661年、その設計と整備をアンドレ・ル・ノートルに命じました。庭園の工事は宮殿の建設と同時期に進められ、完成までに40年ほどかかりました。造園に携わったのはアンドレ・ル・ノートルだけではありませんでした。1664年から1683年までは、王用建築物監督官であったジャン=バティスト・コルベールが工事を指揮しました。また、1664年1月に国王の主席画家に任命されたシャルル・ル・ブランは、彫刻と噴水の大半の図案を描きました。その少し後には、建築家ジュール・アルドゥアン=マンサールが、より簡素なスタイルの景観の設計を行い、オランジュリーを建設しました。そしてさらには国王自身も、全ての計画を提出させ、「全ての詳細」に関わりました。

庭園の整備には莫大な作業が必要でした。森林、牧草地、沼地でしかなかった場所に、花壇やオレンジ園、池、水路などを作るために、大量の土を運ぶ必要がありました。土は手押し車に乗せて運ばれ、木はフランス全土から荷車によって運ばれて来ました。何千人という人々が、時には一個連隊が丸々借り出されて、この大規模な造園工事を進めました。

1992年から、庭園では木々の植え替えが行われています。また、大きな被害の出た1999年12月の暴風雨の後は、植え替え工事の速度が早まり、庭園のかなりの部分が既に元の景観を取り戻しています。

見学の準備

ヴェルサイユ宮殿見学準備のための便利情報

Jardins du Roi Soleil

ご使用のブラウザの設定を変更せずに本ウェブサイトの閲覧を続ける場合、ユーザーは本サイトが閲覧状況の統計を目的としてCookiesを使用することに同意しものとみなされます。詳細を見る. 閉じる