発見する
宮殿
庭園
大トリアノン
マリー=アントワネットの離宮
便利
Infos Pratiques
Acheter son billet
Plan Interactif
Calendrier des événements

ヴェルサイユ領地を発見ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿

Share

章を印刷する

権力の中枢からフランス歴史博物館まで

30年前から世界文化遺産に登録されているヴェルサイユ宮殿は、17世紀フランス芸術を代表するものです。ルイ13世がこの地に狩猟の館を建造して以来、その息子のルイ14世が改装と増築を施し、1682年に政府と宮廷を移しました。フランス革命の勃発まで、この宮殿には代々のフランス国王が住み、自分の好みでこの宮殿を美しく飾りました。

鏡の回廊から王の大居室、そしてフランス歴史博物館にいたるまで、1789年まで権力の中枢となったヴェルサイユ宮殿は何世紀にもわたって発展し続けてきました。

この宮殿は、もともとはルイ13世の狩猟の館として建築された慎ましい建造物でした。その敷地がルイ14世によって選ばれ、フランス古典芸術を結集させた絶対王政のシンボルととして私たちが今日知ることとなるヴェルサイユ宮殿が建設されたのです。

1670年代、ルイ14世は王と王妃の大居室を建造させます。その中で最も象徴的な場所は、マンサールによって考案された鏡の回廊でしょう。豪華絢爛な装飾品が飾られた鏡の回廊は、訪れた人々に国王の権威を誇示する場となったのです。次の世紀には、礼拝堂とオペラ劇場がルイ15世の治世下に建築されます。

宮殿は1789年、その権力の中枢としての地位を失いますが、19世紀には新たな運命が宮殿を待っていたのでした。1830年に王位についたルイ=フィリップの意向により、フランス歴史博物館に改装されることになったのです。その後宮殿の数多くの広間に、フランスの歴史上の大きな出来事を物語る新たなコレクションが運び込まれ、20世紀初頭までその数は増えていったのです。

見学の準備

ヴェルサイユ宮殿見学準備のための便利情報

ご使用のブラウザの設定を変更せずに本ウェブサイトの閲覧を続ける場合、ユーザーは本サイトが閲覧状況の統計を目的としてCookiesを使用することに同意しものとみなされます。詳細を見る. 閉じる